SourceForge.JP
成績表ダウンロードファイルを加工して課題提出率順に席替えなどを行う - ruby版 - Jenzabar用自作ツール
ブラウザの設定によっては、セキュリティの警告が出るかも知れません。 不安に思われる方は、HTMLソースを確認された後にご判断頂ければと思います。
私が使用している講義支援システムJenzabar用の自作ツールです。

サンプル

入力 jenzabar.csv Jenzabarの成績表ダウンロードファイル

出力 seat-4.html 席替え済みのファイル

使用手順 - 他組織では多少違うかも知れません。- Windowsの場合で説明しています。

使用手順を読んでもよく分からない方は、お近くにいらっしゃるパソコンとJenzabarに詳しい方にお聞きになると良いかも知れません。
  1. Jenzabarでアップロード/ダウンロード形式のテスト課題を作成します。
  2. 学生に感想などをテキストファイル(*.txt)で提出してもらいます。
  3. 公欠届などを受理した学生を1点にします。 私は課題を提出したら出席という運用にしています。 そのため、公欠届などを出した学生は「未」という情報を「1」に書き換えています。 プログラムは「未」でなければ、提出と解釈します。
  4. 成績表で「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロード。
  5. ダウンロードされたcsvファイルを展開後のフォルダ構造のdataフォルダにコピー。
  6. 下記のダウンロードからj02.zipをダウンロードして展開。
  7. 展開後のフォルダ構造。
    j02\
      readme.txt ... 必ず読んで頂くファイル
      manual.html ... 本ファイル(本質的な違いは無いのですが読み易さなど多少違いがあるかも知れません)
      COPYING ... GNU 一般公衆利用許諾契約書
      data\ ... 加工したいデータを保存するフォルダ。
      pub\ ... 加工後のファイルを保存するフォルダ。
      tool\
        j02\
          j02.bat ... j02.rbを実行するバッチファイル
          j02.rb ... rubyソースコード
    
  8. rubyをインストールする。既にインストールしてある場合は必要無し。
  9. インストールしたrubyが実行できるようにj02.batを編集する。
  10. j02.rbの座席データなどを編集する。
    rootDir = '..\\..'
    dataDir = "#{rootDir}\\data"
    outDir = "#{rootDir}\\pub\\2008-1"
    
      適宜、修正して下さい。このままでも動作します。
    
    dataFile = [
    'jenzabar.csv',
    ]
    
      dataフォルダにコピーするjenzabarよりダウンロードしたファイル名に変更して下さい。
      組織によりファイル名の命名ルールが違うようです。
    
    outFile = [
    'seat-4.html',
    ]
    
      pubフォルダに出力される出力ファイル名を指定して下さい。
    
    title = [
    '4限 - 2008年科目名',
    ]
    
      出力ファイルに表示されるタイトルを指定して下さい。
    
    $seat = [
    # 端末室の座席配置
    [ [ 1, 7,13,19,25,31,37,45],
      [ 2, 8,14,20,26,32,38,46],
      [ 3, 9,15,21,27,33,39,47],
      [ 4,10,16,22,28,34,40,48],
      [ 5,11,17,23,29,35,41,49],
      [ 6,12,18,24,30,36,42,50],
      [ 0, 0, 0, 0, 0, 0,43,51],
      [ 0, 0, 0, 0, 0, 0,44,52] ],
    ]
    
      座席配置を指定して下さい。
      0は席が無いことをあらわします。
      出力結果と見比べてルールを理解して頂ければと思います。
    
    taNo = ['107']
    
      私はティーチングアシスタントの学生も報告書などを提出してもらうためにJenzabarに登録しています。
      授業の統計情報とは無関係なので除外する場合にはここで指定します。
      複数の場合は、taNo = ['107', '108']という感じになります。
    
  11. サンプルは1コマだけの例ですが、dataFile,outFile,title,$seatで複数コマを指定することができます。 私は自分の受け持ちコマ数分指定しています。
  12. j02.batを実行します。
    修正を間違えるとエラーが出るかも知れません。 rubyなどのプログラミングの経験が無い方は、慎重に修正し直した方が早く解決できると思います。
    どうしても解決できない場合は、お近くのrubyをご存知の方やプログラミングの経験のある方にお聞きになると良いかも知れません。
  13. j02\pub\2008-1\seat-4.htmlというファイルができます。
  14. j02\pub\2008-1\seat-4.htmlで席替え情報などを閲覧して利用します。 私は1ページ目を学生に提示して座席指定しています。

ダウンロード

上記j02.zip展開後のフォルダ構造が含まれた.zip形式のファイルです。
下記のj02を選択して頂ければと思います。

または、 sourceforge.jpのkstoolのリリースより選択して頂ければと思います。
以上