SourceForge.JP
一括ダウンロードファイルをコマ毎に読み易いように加工する - ruby版 - Jenzabar用自作ツール
ブラウザの設定によっては、セキュリティの警告が出るかも知れません。 不安に思われる方は、HTMLソースを確認された後にご判断頂ければと思います。
私が使用している講義支援システムJenzabar用の自作ツールです。

サンプル


使用手順 - 他組織では多少違うかも知れません。- Windowsの場合で説明しています。

使用手順を読んでもよく分からない方は、お近くにいらっしゃるパソコンとJenzabarに詳しい方にお聞きになると良いかも知れません。
  1. Jenzabarでアップロード/ダウンロード形式のテスト課題を作成する。
  2. 学生に感想などをテキストファイル(*.txt)で提出してもらう。
  3. 成績表で「提出ファイルを全て選択」をチェックして 「選択した提出ファイルの一括ダウンロード」でダウンロード。
  4. ダウンロードされたcabファイルをパスの情報も含んで展開。 (私が試した時は、Windowsデフォルトの展開ではパスまで展開されませんでした。 私はlhacaという展開ソフトウェアを使用してパスまで展開しました。)
  5. 下記のダウンロードからj01.zipをダウンロードして展開。
  6. 展開後のフォルダ構造。
    j01\
      readme.txt ... 必ず読んで頂くファイル
      manual.html ... 本ファイル(本質的な違いは無いのですが読み易さなど多少違いがあるかも知れません)
      01.png ... 説明補助用画像
      j01.bat ... j01.rbを実行するバッチファイル
      j01.rb ... rubyソースコード
      COPYING ... GNU 一般公衆利用許諾契約書
      data\ ... 加工したいデータを保存するフォルダ。
    
  7. j01\data以下に授業名のフォルダを作成し、そこへ一括ダウンロードを展開したフォルダをコピーする。 下記のようなフォルダ構造になるはず。
    j01\data\
      授業名\ ... 授業名というのは例。任意の名前を付けられる。もちろん複数も可能。
        01\ ... 一括ダウンロードを展開したフォルダ。01というのは例。もちろん複数も可能。
          ログインID_氏名\ ... Jenzabarが作成したパス。ログインID_氏名というのは説明のための例。もちろん複数も可能。
            01.txt ... 学生が提出したテキスト形式のファイル。01.txtというのは例。もちろん複数も可能。
    
  8. rubyをインストールする。既にインストールしてある場合は必要無し。
  9. インストールしたrubyが実行できるようにj01.batを編集する。
  10. j01.batを実行する。
  11. j01\data.htmlというファイルができる。
  12. j01\data.htmlで学生の感想などの提出物を閲覧。 (Jenzabarで見るよりは見易いのではと思います。 Jenzabar上ではなぜか表示されないのですがファイルの提出日時と思われる属性も表示されます。 .txt以外のファイルにはリンクが張られます。)

ダウンロード

上記j01.zip展開後のフォルダ構造が含まれた.zip形式のファイルです。
下記のj01を選択して頂ければと思います。

または、 sourceforge.jpのkstoolのリリースより選択して頂ければと思います。
以上